iphoneはやめよう!

fare hikau

 

なぜ日本はiphoneのシェアがこんなに高いのか?
結論:通信会社がスマホ本体も販売すると言う日本の特殊事情を背景に、通信3社がiphoneを販売しまくった為。
   (親の脛をかじっている中高生までもiphoneを保持しているのは、世界中で日本だけ。そしてその親もiphoneの正確な
   価格を知らずに毎月高額な料金を支払っている!)

 

スマホ本体の販売とその通信契約は、
世界:スマホ本体の販売と通信契約は、一般的には別々の会社。
日本:通信会社のショップで、通信契約と同時に本体を購入。
   よって、高額なiphoneの代金を通信料金に紛れ込ませて回収と言う芸当が出来たのです。

 

iphoneのラインナップ
fare hikau
SEは、6年前に発売した機種の焼き直しで、商品開発費はほぼゼロに近いでしょう。それを57,800円で販売出来る。appleは笑いが止まらないでしょうね。

 

当社お勧めのandroidスマホoppo A73。メルカリで未開封新品が13,000円で購入出来ます。
iphoneで行うことは、全てoppo A73でも出来ます。全く問題ないのです。なぜなら、世界の70%の人々がandroidスマホを使っているのですから。

 

androidスマホ機種選定方法

iphoneは全ての機種が最高性能をもっている為、画面サイズと価格で機種を選べば良いですが、androidスマホはメーカーも多くその機種もピンキリ。その選び方は?

 

今、通信3社(au docomo ソフトバンク)が販売しているメイン(?)機種の一覧です。
fare hikau
なぜか日本メーカー(?)ばかりになりましたが、今世界的には日本メーカーは全く存在感はありません。androidでは圧倒的に韓国・中国です。日本人の韓国・中国に対する偏見から、それらの販売が難しいのでしょうね。安くて性能の良いものを選択する客観的な考えを持たないと永遠にIT後進国になってしまいます。

 

解説:RAM/ROM
RAMの多寡によって動作速度が決まります。3年程前の機種は3GB。今の機種は一般的に4GB以上搭載。 ROMはデータの保存量と考えれば良いでしょう。これも今の機種は64GBを搭載し、またandroidはiphoneと違って後からマクロSDカードで増やすことが出来ます。
解説:通信4G/5G
この通信4G/5Gを簡単に説明すると、もう終了に近づいているガラケーで使っているのが3G、今我々が一般的に使っているスマホが4G.。この4Gより10倍程度通信速度が早いのが5G。今、通信各社は5G通信のエリヤを広げつつあり、上記の表から分かるように5Gスマホを売ろうとしているのです。しかしながら5Gでしか出来ないサービスは今のところ皆無です。数年前5G先進国 韓国とアメリカで5Gスマホを買ったけど何もメリットがなくて「4G戻し」と言う社会現象が発生したそうです。今の日本も全く同じですね。
我々は、RAM 4GBで4G通信のスマホで十分なのです。iphoneとか5Gスマホを販売するのは、売側(通信会社)の都合なのです。1万円程度のスマホを販売していては、ショップの経営が成り立ちませんので。

 

番外編 高齢者向けのスマホは買ってはいけない!

最後に、これも日本特有の「高齢者スマホ」と言う変なスマホについて。
3社の高齢者向けスマホ一覧fare hikau
上記の表から分かるように、RAM 3GBでありながらこの価格!日本だけの、それも販売台数の限られた商品だから仕方ないのかも知れません。
・RAM 3GBでは、二つのアプリを立ち上げての操作が出来ない。例えば登録作業をあるアプリで行いながら認証の為のSMSを受信出来ないのです。
・表示と操作が独特で、周りの人達が教えてあげることが出来ない。
・一般的なスマホは、絵と図で表示され、それに基づき数パターンを覚えると全ての操作で出来ます。だから世界中の老若男女が使っているのです。
この高齢者用スマホは、日本人の、特に高齢者のITへの異常な怖れにつけ込んだ使いもにならない商品です。スマホ教室なんてものがあるのは世界広しと言えど日本だけ。要は、習うより慣れろ!必要なのは、新しいことへの好奇心なのです。